明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   2 comments   0 trackback

不登校が本格化しつつある息子も、小さな哲学者に?

トトは、今月6日からずっと休んでいて、
今週、市の適応指導教室へ見学に行く予定になっています。

姉たちの不登校の初期よりはずっとずっと元気。
いろいろ疲れがたまっていると言っていたのが、先週。

夏休み明けのテストのために、行きたくないのに行ったから。
もっと前から、
昨年から学校が嫌になっていたと言います。

いろいろ、言っていましたが、そこまで嫌だとは思いませんでした。

彼は、学校だけでなくこの地域も嫌だと言います。
たぶんお付き合いの広い友だちと行動していたので、
隣の学校の子どもと接する機会があったからでしょう。



さて、不登校2日めの9月7日金曜日、
主人はおつきあで飲みに行き、そのメールに
中学に行かない代わりに何をするかトトに聞いておくように、とありました。

まだ2日しか経っていないのに、とも思いましたが
軽く聞いてみようと、息子にたずねると、
ほぼ即答のように結論を口にしました。
聞く主人も主人だけど、即答するトトもトト。
良くも悪くもなく、ただただびっくりですよ。

息子のなかでは、上のお姉ちゃんの選んだ道、
留学か全寮制の学校へ転校するかの2択になっていました。
上のふたりもほぼ同じように2択だったかな。
高校から行ける学校もいろいろあることは、二女の時と同様、
ずらずらと書きならべました。
しかし、先のことですからね、高校からのことは。

トトは行く道も決めて、元気でいるから、心配することもない、とも言えますが、
こんなに簡単に結論出していいのかな~と。
心配の種をどうしたって探しますねえ。

そしたら、さっき、
たあいない話をしていたら
「これでも考えているんだ」と彼は言います。
「え?でも行き先も決めて、何悩むの?」とたずねると、
「ほかにもいろいろあるんだよ~」と。

そうか~考えているんだね。

お姉ちゃんたちも家にいるときは、
思慮深くてすごいなあと思ったことは何度となくあったよ。

そうか、トトも考えているんだ。
不登校は子どもを小さな哲学者に変えるのかな、と。



スポンサーサイト

Comment

さくら says... ""
即答できるなんてすごいです。
ちゃんとお姉ちゃん達を見ていて
何も言わなくても考えているんですね~。
親ってつい余計な心配をしてしまうけど
信じていればいいんですね。
いつもありがとうございます。
2012.09.22 14:02 | URL | #- [edit]
Amii(あみ) says... "Re: タイトルなし"
さくらさんへ

心配はありますよ~
あれこれいらんことも言ってしまいますが、
やはり後ろに回ってついていくだけですね、親は。

コメントありがとうございます。

2012.09.27 16:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/428-491ce919
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。