FC2ブログ

明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   0 comments   0 trackback

ナナは妹弟を救うために、トトは両親の仲を良くするために つづき

前回に続きます。


まだ、終業式の朝食を主人とふたりでとっているところ。
ご飯のあと、スイカを食べながら。


「何で、トトまで。どうしてうちは。」と主人。
それから、とても悲観的なこと、酷いことを、言いました。
同じだね、娘たちのときと、最初の反応。
でも私は、基本、反論せず、酷いこと以外は「そうだね」と同調しました。


そう、思うのはやむを得ないところもある、とこころの声が言います。

あなたは、不登校のことをほとんど理解していないものね。
私も娘たちのことを、あまり説明してこなかったのだし。



そして緘口令を敷きました。

なにはどうあれ、黙っていてもらいます。ここは、きっぱりと。
娘たちのときも、これは守ってもらったでしょう?
あなたが口を開いて、良かったことはまるでなかったの、覚えてる?


とても、冷静な自分に後から少し驚きました。
あれほど、反応を恐れていたのに、怖さはちっともなくて。


私が落ち着き払っていたせいか、主人は怒り出すことはありませんでした。



話し終えて、ほっとしました。
そして、トトは今日は行くと言いながら寝ていた息子を、
起こしにいきました。

部屋に行くと、トトは支度をしていました。

私はその様子を見てから、出勤の支度をしている主人のところへ行き、
「トトは行くから、口角をあげて見送って」と、
私も口角をあげてそう言いました。
「そこまでは、できない。」と優しい顔で主人。私は微笑みながら、そう、
と答えました。
そこにある空気は、穏やかなものでした。


そして、思いました。


ナナが不登校にならなかったら。
親として最初の不登校と向き合う、モモのこころをズタズタにしたに違いない。
ふたりの不登校がなかったら、こんな温かい空気の朝はあり得なかった。


学業は優秀、友達も多かったナナが、不登校になったのは今も謎の部分が多くて。
私は、妹や弟のために不登校になった、もちろん意識的ではないけれど。
そう感じることがあります。


そして、トトは、私たち夫婦の関係を良くするために、
思春期の迷路に入りかけているように感じた朝でした。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/408-0bccb022
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。