明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   2 comments   0 trackback

学校に行っていて命をうしなうこと

次女が久しぶりではありますが、先生と言い争った話を電話でしました。

娘が延々と話していたのは、今回のことではありません。
ずっと前、小4のときの先生に言われた言葉。
もう、6、7年も前のことです。
どうやら、今回のことで理不尽さを感じ、それを言葉にできずに
過去に引き戻されここ2、3日ぐるぐるしていたようです。


小6の三学期に学校へ行けなくなったときから、
不登校の原因のようなことを話すときは小4のときのことばかり。
担任と、みんなに知られたいじめっ子のこと。

とくに、担任への怒りはまだおさまっていません。

大きな心の傷はまだふさがっていないのです。


小4のとき、私は何も知らずにいました。
モモは我慢して学校に行っていました。
からだが丈夫だったために、一日も休めずに。


この一年を思えば、学校に行っているからって
決していいことではなかった、
むしろ、傷を広げに行っていたようなものだと思います。



最近の大津での事件、これまでのいじめによる自殺で思うのは
学校に行かない選択が示されていたら、と。

学校はときに酷い場所になること、これまでも何回もありましたね。




PTA問題からも娘たちの不登校のことからも
学校は安心して通わせられるところでは、ないというのが今の結論です。
何かあっても真剣な対応は望めない、それは覚悟しています。
実際大丈夫かもしれませんが、確証はありません。
卒業まで、安心はないと思っています。

ひとりの親としてできること。

いま何も起きていないようなところでも、
子どもたちの心の健康が守られているか、気にする必要は大です。
あの学校が例外ではないでしょう。

国や市町村などでのさまざまな対策を、どこまで実行できているか。
本気なのか疑念は消えない限り。

このためだけではありませんが、
子どもが親に率直に話ができるような関係も必要でしょう。





息子の学校でも、今、何かあるようです。
息子は直接かかわっていませんが、知っています。
それも先生が容認しているようなことも言いますから、
捨て置けません。

当事者は言わないでしょうから、私は来週学校に伝えます。
そしてどうするつもりかも聞いてきます。
対応が間違えば、かえって当事者の子どもたちを追い詰めますから、
しっかり守ってもらえるように。
スポンサーサイト

Comment

myumyu says... "こんにちは^^"
娘さんも、深い傷があるんですね。
何かしら心に傷をおった子は、こういう事があると敏感に反応しますね。
息子も、「アンケート取った意味ない」と、やりきれないものを抱えてニュースを見ています。
今はまだ、学校も市も自分を守ることが大事ですから、やっぱり今の段階では、自分の子は自分で守るしかないのですよね。
2012.07.10 10:01 | URL | #- [edit]
Amii(あみ) says... "Re: こんにちは^^"
myumyuさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。


> 娘さんも、深い傷があるんですね。
> 何かしら心に傷をおった子は、こういう事があると敏感に反応しますね。
> 息子も、「アンケート取った意味ない」と、やりきれないものを抱えてニュースを見ています。

ふだん忘れていても、折あればぶつけるところのない怒りが
湧き上がってくるようです。


> 今はまだ、学校も市も自分を守ることが大事ですから、やっぱり今の段階では、自分の子は自分で守るしかないのですよね。

そうですね、個々の先生が頑張っても、限界がありますから。



2012.07.10 20:47 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/398-bd00d256
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。