明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   0 comments   0 trackback

読んでいて腹が立つブログ

例えば、ネットサーフィンなどで偶然目に触れたブログがあったとして。

読んでみたら、自分の考えとは合わない、もしくは自分が否定されているように
感じられるとして。




これは書いた人が、こんなものを書いた人がいけないの?といえば、
どうなんでしょうね。


もちろん、名指しでもしくは誰だか特定できるようなことではないですよ。
これは論外。


で、反対意見のコメを書いたとすると。
それはどうなんでしょうね。


ブログはその人個人のテリトリーだけど、
PW設定などがなく誰でも訪ねられるとなれば、
予期せぬ来訪あり得ます。

コメを書くところがあれば、反対意見が書かれることもあり得ます。


私などは、PTA問題であまりに理不尽なことが書いてあると、
たとえば、役員を引き受けないことを親失格のような書かれ方をすると、
コメを書きたくなりますね。
書いたこともあります。

でも、ま、個人のブログは一度だけ。
もう二度と書く気はありません。




何度か書いたような気もしますが、
ネット上のやりとり、会ったことがあってもなくても、
ないならなおのこと、
リアルの80%減でしか伝わらない、という考えです。


それは、なにかに書いてあった
会話で交わされることばは2割で、
あとはしぐさや口調などことば以外で人はコミュニケーションをしている、
という説によります。

それでも意図を伝えたい、となったら
なかなか大変なこと。
それだけの根気は正直言ってありません。



さっき例にあげた、私が書き込んだPTA関係のことが書いてあったブログ、
私が不愉快になったことに、書いた人は何の責任もありません。
当たり前だ~とどこかから声が聞こえてきそう(今はまっている韓流ドラマのキャラ)。


なぜなら
内容がどうあれ、そのページを訪れたのは私の意思、
その腹の立つ記事を読み始めて、途中でやめず全部読んだのも
私の意思ですからね。

ネットサーフィンしていたら、こんなことはあり得ます。
関心があるから、読んでしまう自分がいるわけですよ。
ムリに読まされたわけではない。



そしてブログを公開で書いている以上、
賛成のひとばかりが読んでいるわけではないってこと。
すっかり忘れていますが。


なんにせよマスコミではない個人のブログ、
ちょっと疲れたら私、休みます。
書き込まれて休みたくなるほど疲れたことは、たぶんないですけどね。















スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/397-bfb53198
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。