明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   0 comments   0 trackback

やっぱり、わからない

なんで主人は、息子にイライラしなくなったのかな。
誰かに相談したのかな。
会社には、契約のカウンセリング会社があるので、
そこにでも行ったのかな。

ホッとしている反面、なんだか落ち着かない気持ちでいます。

今までの主人が、私のいくら切羽詰ったお願いでも、
これほど人が違ったみたいで、びっくりです。
びっくりって普通、日にちがたつとなくなっていくけど
まだびっくり気分。
娘たちが不登校の時に、冷たい言葉を浴びせるのをやめるよう、
急場だから必死に頼んだ時、主人は言葉は発さなくなっても、イライラしていました。


今回はイライラもなし。
私には以前と同じ。普通に話します。


自分の子どもの勉強をみるって、
感情的にならずにやることは到底できないと思うけど、
またこれまでも主人は次女と喧嘩したり、息子はすっかり嫌になっていた、
そんなことがあったので、
イライラせず、根気良く説明している主人が不思議。


何が起こったのだろう。

って、なぜ私は本人に聴かないのかね。

主張先から明日帰ってくるから、
週末は法事で一緒にいる時間も長いから、
ゆっくり聞いてみようかな。
その理由を聞くのがちょっと怖い私って、いったいなんだろう。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/394-3c39a801
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。