明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   0 comments   0 trackback

愛着障害の本を読んでいますが

子どもの頃の親子関係の問題でありますから、
ACであれば、愛着もうまくいっていない、ってことですね。

ひとつ何かがあれば、あれもこれもになって
すごーく可哀そうな人みたいだわ、と少し笑えたのだけど。

体の部位の疾患ならば、画像診断の見立ては
診断基準に沿って、ばらつきはそんなにないはず、
あるならまだ研究中の病気ということになると思います。

「こころ」の状態は、
まあ、脳の分泌物の関係とかそういうことは診断は一致しても、
そうでない部分、はっきりした違いが目に見えないときは、
いろいろな角度から、いろいろなことばで、それぞれの人の価値基準で、
まあ、ベースはあるのでしょうが、
語りようがあるんじゃないか、と思いました。


今、私は心理学の基礎の基礎の本を繰り返し読んでいます。
どうしても、客観的にわかりたくなって、
心理学の全体図から自分を見てみたくなったのですけど。

かなり大変というか、心理学というものが、
曖昧なものに感じられるので。
言い切れることはあるのだけども、
個々の問題のかなり部分的なことに限られるって。


あ、ここまで書いてちょっとわかったことがあります。

心の問題は、心だけの問題ではなくて、
その人のそれまでの人生すべてが関わるから、
なのでしょうね。
単純に言い切れないから、曖昧に感じるのでしょう。



しかし、
曖昧ななかでも、小さなことがわかれば、
ぼやけながらも方向性は見えるのかな。





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/389-fffea201
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。