明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   0 comments   0 trackback

わたし、もしかしたら今頃予備校行ってたんだよね

モモは適応指導教室に週2通って、2週間に一度併設のカウンセリングルームで
おしゃべりしていました。
今高1のモモが中1の学年のときです。

このカウンセラーさん、
いつもお顔を拝見してあいさつするだけでしたが、
いかにも話やすそうな方でした。
雰囲気がイルカさんのような、年齢不詳な感じで。

わりと早くにこの時間を楽しみにするようになりました。

家の外に信頼できる存在ができて、
それを足がかりに学校をどうするか考えるようになったのではないか、と
私は思います。


そして、元の学校、元の学校のような学校、
つまり在籍している地元中学や近隣の中学へ
行くことは最初から選択肢に入れませんでした。

適応指導教室の冬の合宿に行って、
笑顔で戻ってきて確信したようです。
ちゃんと不登校の子どもをみるようなところなら
私はやれるのだと。

中学で学校として通えるところは、公立を除くと
なかなか見当たりません。
もちろん、フリースクールや塾ならありますが
見学に行ったり、実際少し通って
やはり学校がいいと思ったのでした。


中学で不登校対応している学校というと、
今通っている学校か、他県の学校ならありました。
通えるところであったら、いいのに、と何度も言っていました。
今はできたのですが、モモには間に合いませんでした。

家を離れて、人間関係が苦手なのに寮に入ることに
やはり不安は大きかったのです。

私はお姉ちゃんのこともありましたから、
急がなくてもと思いました。
高校から予備校の不登校コースに通う道はどうか、と。
ここなら人とかかわることは少なそうだし。
これは私の考え。

モモにはいろいろな選択肢を紙に書いて渡してあり、
机の保護カバーのなかにはさんでありました。

高校までは待っていられないと、寮生活をすることに
なったわけです。

先日、電話で
「私この学校へきてなかったら今頃、予備校に通っていたんだね」とモモ。
そんな話をしたっけね、いろいろモモは考えていたよね、あの頃。

未だ人間関係は苦手だというモモ、親しくなっても
あとが続かないというモモ。
みんなには個性そのまま受け入れられているようだけど、
ときどき、私はこれでいいんだろうかとちょっと不安にもなるみたい。

あれこれあるけど、あれこれあるからこそ、モモは元気なのかな。
転学して3年目、余るほどのエネルギーを感じるのです。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/387-6aa28dd4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。