明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   0 comments   1 trackback

学校に行かなくなって、開けた道

不登校のはじめは、復帰を強く願っていました。
子どものことより、自分の気持ちにばかりとらわれていた
情けなさは忘れないでおきます。

学校がなんぼのもんだ、子どもの心身の健康が第一だ、と
すぐに思えず、
夫の反応、世間体、将来への不安、
学校に行かなくなって深い海に沈んだような気持でした。



娘たちがどうだったかといえば。


学校から離れてほっとしたというのは、あると思います。
特に最初の頃。

少し元気になってきて、先々への不安が出てきたこと、
のちのちはそれぞれに
学校とは何かとらえなおしていたことを思い出します。

ふたりとも中学1年の頃、思春期にも重なっています。
だから
混乱もあったでしょう。

私の対応がよくなかったときは、特に。
長女は自傷行為もありました。




長女は4年超の留学も、あと数カ月。
受験体制に入っています。
次女は転学して2年、近い目標からそれも苦労しながら
乗り越えてきました。


不登校の日々から新しい道を自分で選んだ娘たち。
情報は伝えましたが、勧めることはなるべくしませんでした。
話していると、学校に行っていたらこれほどまでに
学校や自分自身、家族について深く考えることはなかった、
いつかどこかで書いたと思いますが、小さな哲学者のように
感じたこともあります。

私の気持はそのとき、ニュートラルでした。
すべての価値は同等であり、
どれに価値があるかはその子の判断でよい、と
すっぱり腹を据えることができたのです。

私は娘たちの復帰を願うことが、
苦しみを与えるばかりだったと気がついて、
腹を据えるしかすべはなく、
しかしそうしていくうちに、
誰かから聞いたように、どこかで読んだように、
娘たちの目に輝きが戻りました。

そして。

英語が好きでない長女が留学し、
人づきあいが苦手な次女が寮生活へ。

あれこれ悩んで出した結論だったようです。

なんでそんなハードルの高いところへ行くのか、
不思議驚きもありました。

そして、やはりというか、長女も次女も
新しい生活をはじめてから
自分の選択を悔やむようないろいろな問題にぶち当たりました。

それを乗り越えきたことを、ただただ嬉しく思います。
私には何もしてやれず、
ただそこにいる先生方にお任せする以外になかったです。

元の学校にギリギリの状態で通い続けていたら
今の娘たちはなかったと、しみじみ感じます。

不登校経験してよかったか、どうかわかりません。
娘たちが時間を経てどう受け止めるか、これからのことでしょう。

むろん、元の学校に行き続けることにムリがあったのは、
明らかですが。
とにかく
娘たちにとって大きな方向転換ができたのは、
不登校のおかげであることは間違いなく、
私にとっては大きな転機となりました。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/383-5443c894
まとめtyaiました【学校に行かなくなって、開けた道】
不登校のはじめは、復帰を強く願っていました。 子どものことより、自分の気持ちにばかりとらわれていた 情けなさは忘れないでおきます。 学校がなんぼのもんだ、子どもの心身の健康が第一だ、と すぐに思えず、 夫の反応、世間体、将来への不安、 学校に行かなくなって深...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。