明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   0 comments   1 trackback

「哲学を持つこと」方法は、本だけでなく

昨日のつづき。

哲学っていうと、本を広げて眉間にしわ寄せて考えるという
スタイルが思い浮かびますが。

昨日書いたネットの親の会の管理さんが言いたかったのは、
「自分の世界を広げ、自分自身の人生を歩くこと」であると思います。

本が好きで考えることが好き、若いころには心理学に興味があった
から、今もぼちぼち読んでいるわけですが私は。


家から出て、耳学問というのももちろん、
不登校関係の場に限らず、いろいろな場へ出ていく、
受け身でなく自分の意思で、というのが大事ではないか、と。

新しいことをはじめるのもいいけど、
今までのことを違った視点で違ったやり方で、というのもあるでしょう。
毎日の家事のようなことでも。


力強く自分の人生を歩くこと
そうするなかで、子どもとの関わり方も変化していくのだと思います。

精神的ネグレクトをしてきた私は、
子どもとの関わり方というか、気持ちに添うことはいつも忘れないように
しつつ。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/378-0e4f9827
まとめtyaiました【「哲学を持つこと」方法は、本だけでなく】
昨日のつづき。哲学っていうと、本を広げて眉間にしわ寄せて考えるというスタイルが思い浮かびますが。昨日書いたネットの親の会の管理さんが言いたかったのは、「自分の世界を広げ、自分自身の人生を歩くこと」であると思います。本が好きで考えることが好き、若いころに...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。