明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   0 comments   1 trackback

気持ちがこもらないことば

仕事をするなかで感じたこと。

私は、取材対象の方の人柄について、
家族や関係者からお話をうかがって文章にまとめるということを
しているわけですが。

だんだん慣れてくると、ことばの「使いまわし」をしてしまいます。

属性の近い人、
たとえば、兼業農家に嫁いだ奥さん、趣味は近所の人とゲートボール。
何人もいらっしゃいました。
最初は、お一人目はこまごま聞かないとわからないので一生懸命聞きだします。

何人か同じような方に会っていくと
だんだん、あーこういう属性の人はこんな感じかな、となって
そうすると、相手の話をあまり聞かなくても、
これまでの経験から想像して書けてしまいます。

そんなことをしていると、だんだん「作業」になっていって、
心がのってこないのですよね。
ことばも使いまわし、使い古されていきます。
文章に元気がなくなるっていうのか……。

取材時間も短縮できて、原稿も早く書きあがる。
効率がよくなったな、と感じたある日、
午後2時ごろ、名古屋から1時間離れた仕事先から戻るとき、
むなしさを感じました。

私って、ただ仕事を回しているだけじゃない?
と。



それから、
ことばって、繰り返されると力を失うっていうか、
そんな感じもします。


最近、思い出します。
高校のときのこと、
やたらよく「ごめんね」を繰り返す人がいました。

深刻な「ごめんね」ではなくて、ありがとうのときもごめんね、
ちょっとそこどいてというときもごめんね、
あらゆる場面で「ごめんね」なんです。
それも「ごめんねごめんね」って2回なの。

それが悪いわけじゃないけど、
こうも繰り返されると謝られている感じは全くないし、
本人もそれほどの気持ちで言っていなかったでしょう。


実家の母。
孫が何かほめてほしくて話したり持っていったりしても、
いつも同じ反応なの、でてくることばもだいたい同じ。
ろくに話し聞いていないし、見ていないのがありあり。
子どもは小さかったから、気がつかないようだったけど。



振り返って、わが身。
子どもには、繰り返し同じことばかり言いがち。
そして、繰り返されることばはほとんど届いていないな、と
感じてもいます。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/368-ad3647bc
まとめtyaiました【気持ちがこもらないことば】
仕事をするなかで感じたこと。私は、取材対象の方の人柄について、家族や関係者からお話をうかがって文章にまとめるということをしているわけですが。だんだん慣れてくると、ことばの「使いまわし」をしてしまいます。属性の近い人、たとえば、兼業農家に嫁いだ奥さん、趣...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。