明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   0 comments   1 trackback

NHK「新型うつ」を見て感じたこと

新型うつ、増えているそうです。
20代、30代の若い世代に。

特徴としては。
従来型うつと同様の症状なのでうつの診断がされます。
ひどい落ち込み、将来への悲観などの症状がでるのですが、
仕事以外のことは、わりと元気。
状態としては軽度とされるが、従来型に比べ薬が効きにくく治りにくい面も。
見かけは元気そうなので、周囲に理解されにくいといったことが特徴として
挙げられていました。

ゆえに。
家族や周囲から仮病に思われたりして、軽度だった症状が悪化する可能性もあるのです。
このへん、不登校(学校以外のところでは元気な)にも共通するようなところが
あるなあと思ってみていました。

なんでも自分以外のせいにしてしまうところが、従来うつとは違うところ。
まじめで自分で自分を追い込むとは逆な感じです。

しかしまあ、極端な場合でなければ、人間関係は双方でつくられるもの。
自分だけが悪いって事はないし、その逆もないでしょう。
会社や他人が悪い、自分は悪くないとなると、解決が難しくなるのも必定ですね。



親子関係のことにも触れていました。
ある例では。
なんでも親がレールを敷いてしまって、失敗の経験をさせなさすぎるということでした。
休職中の連絡も、本人ではなく母親が窓口になっていることが多いそうです、
番組に出演した数名の人事担当者(顔を出していない)が口を揃えて言っていました。

自分で間違えて自分で軌道修正する経験に乏しければ、
親の助けの及ばない会社では、
そりゃ、たちまち追い詰められるような気持ちになりやすいでしょう。

本人はもちろんつらい。
会社、上司にあたる人も特別つらくあたっているつもりはないので、
どうしていいか困っている状況があります。

親子って、生まれて一番最初の人間関係ですが、
これは本当にいろいろなところで影響していますね。
私も母との関係に考えることはあるのですが、結局自分の子どもに
連鎖していかないことが一番で、そのために考えているわけです。


従来うつについては、
高橋一巳著・「本当のうつ病」にわかりやすく書かれていますが、
結局自分を外側から見つめる時間が必要なのだと、
そのことが一番印象に残っています。

病気を機に、楽に生きる術を学ぶ。
新型においても、同じように新たな視点が加わって
人生が変わっていく機会にもなりえると感じました。




それにしても
番組のドラマに出てくる上司、うちの主人に重なりましたわ。。。
ITではないけど技術畑の管理職で、考えも硬くて。。。
ふうう。





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/352-f77570fa
まとめtyaiました【NHK「新型うつ」を見て感じたこと】
新型うつ、増えているそうです。20代、30代の若い世代に。特徴としては。従来型うつと同様の症状なのでうつの診断がされます。ひどい落ち込み、将来への悲観などの症状がでるのですが、仕事以外のことは、わりと元気。状態としては軽度とされるが、従来型に比べ薬が効...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。