明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   0 comments   0 trackback

母親として生きなおすまえに、あるいは同時に

よい母親って何だろう。
私が行く方向はどっちのどんなものを求めていくのだろう。

その前に主人とまともに話ができるように
なったほうがいいなあ、と思うのです。

ここ1年以上かな、家の中の空気が温かくなるようにと
心がけてきました。
なるべく笑顔でいようと。

主人と話す時間が長くなったように思います。
たあいない話しやらいろいろします。

ナナやモモの話もでますが、
今はふたりとも目標に向かって頑張っているので、穏やかです。

けれども、トトの話になると空気が冷えてきます。
主人は、勉強に身が入らない息子が気に入らないのです。
このレベルの高校に入れなかったら、どうのこうの、
漢字ぐらい満点で当たり前だなどなど。
あきらかに怒っています。

私はその場で言い返せません。
感情的になっているときは、何か言ったらよけい切れそうで。

機嫌のいいときに柔らかく言うの精一杯。

ふつうの会話ができるように、
私も言いたいことが言えるようにならなくては。





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/337-68ecb33a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。