FC2ブログ

明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   2 comments   0 trackback

愚痴こぼし専用掲示板「不登校/思春期子どもの親・こころのゴミ箱掲示板」

このごろ、長男とよくぶつかります。
私って、ひとりひとり初めての経験のように一から間違えるというか、前の経験がちっとも生かせなくて我ながら情けない。
本棚のたくさんの本、借りて来た本はいった何だったの、というくらい。

ま、でも少なくとも余計なことは言わないようにというのは、ぶつかるさなかにも頭にあり、今どっちがことば数多くしゃべったかちゃんと考えてる。

ああ、私息子の5倍もしゃべってる、とか。

ときには、がんばってうなずくだけで、その場を離れることもあります。

モヤモヤ、イライラ。

これどうにか、しないとなあ。

というのも、
私の胃袋にはすでに無数のポリープができており、
(まあたくさんあるのは良性の証拠ではあるけど)からだを悪くする可能性もあるしねえ。

で、愚痴をこぼすための掲示板をつくりました。

不登校・思春期子どもの親・こころのゴミ箱掲示板
http://lovekmj2.bbs.fc2.com/
右一覧にもリンクしました。

ぶつぶつ言ってすっきりしましょう。
親とありますが、どなたでもいいです、お子さんを見守る方なら。
スポンサーサイト

Comment

中森ユウジ says... "初めまして"
ご訪問ありがとうございます。
不登校の子どもや家庭での環境などなどブログに綴る
人はたくさんいますねぇ~。
私の家は息子一人ですが、Readingcats&A(でいいのかな)
さんのようになることなく無事?に大学まで進みました。
私の会社でも同僚が子どものことで随分悩んでますよ。
仕事上2日に1回しか家におらず、しかも昼間寝る生活で
すから、不登校どころか家庭崩壊となる同僚が多数います。
父親は家庭のために頑張っているのですが、生活時間帯の
違いからなかなか理解されにくい因果な商売ですのでちょ
っと気の毒です。
私はたまたま息子と趣味が一緒で音楽やゲーム、最近では
クルマの話をしょっちゅうしますね。
家庭の中では父親不在のため、女房は私から見ても本当に
強いです、常に私は尻にひかれてますけどね。
私の仕事上、出先で宿泊中に息子に何かあっても絶対連絡
をよこさず自分ひとりで解決してますねぇ~。
一度息子が小学校時代に交通事故で足を折る事件がありま
した、もちろん私は出張中です。
それでも連絡をよこさず、家へ帰ると「○○病院にいる」
っとだけ書き置きしてあっただけで、病院へ駆けつけるや
いなや女房を怒鳴りつけました(連絡をよこさなかった事)
が、女房いわく「運転中余計な心配をかけさせたくなかっ
たし、そのために事故などあったらもっと大変になる」と
言うことで自分ひとりで対応してました。
昔も今もこの調子で我が家は成り立ってます。
まぁ~誰かのブログにコメントしたことと同じ事を書きま
すが、女房にしてみれば子どもが二人いるみたいなもで、
私も息子と同様に扱われてます、ハハハ。
コメントした人に言わせれば親子が友達兄弟みたいな父親
と息子なんですね、と言われましたよ。
環境は違いますけど子育てはお母さんの力が絶対だと私は
自分の家庭の中で思いましたよ。

長いコメントですいません、助言は出来ませんが身体には
十分注意して子育て頑張ってください。
2010.10.09 16:27 | URL | #- [edit]
Arminn says... "ご訪問、書き込みありがとうございます。"
ややこしいHNですみません。
だいたい、Arminnと呼ぶ人が多いです

> 私はたまたま息子と趣味が一緒で音楽やゲーム、最近では
> クルマの話をしょっちゅうしますね。

そんなふうに対話できる関係、いいですねえ。

> 一度息子が小学校時代に交通事故で足を折る事件がありま
> した、もちろん私は出張中です。
> それでも連絡をよこさず、家へ帰ると「○○病院にいる」
> っとだけ書き置きしてあっただけで、病院へ駆けつけるや
> いなや女房を怒鳴りつけました(連絡をよこさなかった事)
> が、女房いわく「運転中余計な心配をかけさせたくなかっ
> たし、そのために事故などあったらもっと大変になる」と
> 言うことで自分ひとりで対応してました。

奥さまは、しっかりした方ですね。
任せて安心ではないですか。

> 昔も今もこの調子で我が家は成り立ってます。
> まぁ~誰かのブログにコメントしたことと同じ事を書きま
> すが、女房にしてみれば子どもが二人いるみたいなもで、
> 私も息子と同様に扱われてます、ハハハ。
> コメントした人に言わせれば親子が友達兄弟みたいな父親
> と息子なんですね、と言われましたよ。

奥さまはきっとそんな姿を、やさしく見守っていらしゃるのでしょう。
子どもと上手につきあってくれるお父さんは、理想の父親です。
うらやましいですね。

> 環境は違いますけど子育てはお母さんの力が絶対だと私は
> 自分の家庭の中で思いましたよ。

そうなんです。私は自覚が足りなかったかな。
不登校の問題も、お母さんの頑張りでかなり大丈夫だと思っています。
もちろん、お父さんの理解や手助けは大きな力になるでしょうが。
(考える方向が同じであればですね)
うちは口を出さないことが最大の協力でした。

> 長いコメントですいません、助言は出来ませんが身体には
> 十分注意して子育て頑張ってください。

ありがとうございます。
適当にぼちぼ頑張ります。
2010.10.11 23:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/28-67ce0511
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。