明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   0 comments   0 trackback

安全神話と学校神話

原発とPTA。

どっちも問題はあるけど、ひどい目にあうのは
全体からみたら少数です。

安全神話のほうは、この度のことで消えたのですが、
それ以前は、といえば「安全」を疑うことはなくなっていました、
私。
子どもの頃、原発問題を「朝まで生テレビ」で取り上げてい
いたことを覚えているし、
今は亡き忌野清志郎さんが、反原発の歌を歌っていました。
あれから20年以上かな。
報道などでも取り上げなくなっていったように感じます。


PTAがなんの関係があるかというと、
安全神話にのっかった原発と共通点があると思うのです。

PTAは明らかにおかしな点がありますが、
学校のことだからと疑問すらわかないようになっている、
と思います。
問題にぶちあたって、調べた人だけが知ることになります。

マスコミも深入りしません。
文科省、都道府県教育委員会、市町村教育委員会、
単P(学校単位のPTA)から日Pまで、
肝心なところを説明しないことは
原発問題とソックリだな、と思うことがあります。

それぞれに電話して聞けばどこも答えてくれます。
聞かなきゃ教えない、というスタンスのようですねえ。
「学校とは別の任意団体ですよ。」
「加入は強制ではありません。」

たしかに。学校で説明を聞く機会に、じっと耳を済ませていると、
「子どものためです、よろしくお願いします」
と会長さんはPTAの活動の説明の最後に言います。

交通安全協会「詐欺」と手口は同じですね。
免許の更新時に加入を要請された、あれです。
しかし、裁判かなにかになって問題になり辞めたのかな、更新の時に
加入を勧めることは。

警察や学校という公的な場所で、「お願い」されたら、
ほぼ強制みたいに受取りますよ、一市民としたら。
学校は子どもが通っていますからね、そこにつけ込んで
成り立っている団体と言ったら言い過ぎでしょうか。
法律違反までいかないけど、非常に問題あり、とは言えるでしょう。


交通安全委員会は辞めたらしいけど、
まだPTAは続けていますね。
きちんと説明するように交渉をし続けている人もいて、
次の年からきちんと説明しはじめたPTAもありますが、
ニュースにはなりません、ならないでしょう。

堂々と詐欺まがいのことをやってる多くのPTA。
その上部組織には、税金から補助金もでています。
文科省の一部の官僚の方は知っています、おかしなことが
いっぱいあることを。
常識のある官僚もいて、すこしほっとしますが。
常識を貫けば左遷されてしまうのかもしれませんね。

とにかく、人のいい、協調性のある日本人の気質が
巧みに利用されていると思います。
その結果、様々な歪みが生じているような気がしてなりません。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://readingcats.blog106.fc2.com/tb.php/217-377b16da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。