明日がムリなら明後日を信じて

子どもの不登校で考えたこと。PTA問題で毎春が憂鬱なこと。人生折り返しで、思うこと。
Posted by Amii(あみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Amii(あみ)   0 comments   0 trackback

もうすぐ帰ってくる娘たち



今週はNZと隣県から娘たちが帰ってきます。
主人も出張から戻ります。


トトは、姉達が帰ってくるのをうんざりするように「戻ってくるな~」と
言いますが、
長女とはスカイプで、次女は帰省の折によくしゃべっています。
主人とはあまり話らしい話はしないし、
私よりも姉達の方が、話はわかるんじゃないかな~


不登校経験者ふたりと、不登校現役がひとりで、
私にはわからない、姉弟ならではの話もできるのかもしれません。
次女が学校へ行かなくなったとき、
長らくPCに向かう気力もなくなるほど沈みましたし、
今回の息子の場合も、やることなすこと間違えてばかりという
危うい日が一日ぐらいあったかな。


今日は、姉弟で不登校っていうのも、悪くないかも。

娘たちは、そのときの最善が「不登校」だったし、
今の息子も同じだから。
悪くないもないのだけど。

そんなことを考えながら、木管楽器の演奏をテレビ鑑賞しています。





スポンサーサイト
Posted by Amii(あみ)   0 comments   0 trackback

エバシンポジウムで 運動がストレスを減らすという話

10時からお昼をはさんで、約一時間ずつ4人の方のお話を聞きました。

長野県の大学の川島先生は、運動がこころに及ぼす影響、とくに海馬について研究されています。
ランチの後でしたから、集中力なしで聴いていましたが覚えていることを少し。


有酸素運動、速足歩きで一定の心拍数が上がるようなもので30分続けるとよいそうです。
どこかでも聞いたような、有酸素運動30分以上すると、何にいいのだか忘れたけど、
いいことがあるって。

川島先生によると、ストレスに強くなるそうです。
マウスによる実験をこまごま説明してくださいました。
たぶん、人間も同じ。


私はできるだけ毎日、たぶん週4回は夜走っています。
時間にして10分ちょっと。
このお話を聞いて、少しずつ大回りするようにしています。

そして、おもしろかったのが、
ひとりでやるより、マウスですから1匹より2匹のほうが
ストレスの値が減るとか。
前回の「がんを生きる12カ条」にもありました、つながり。
それが生きる意欲、ストレスを減らす効果があるようです。

私はひとりで走っています。
でも、走っている人に会って話す楽しみができたので、
ひとりでいても頭のなかは賑やか。
どこかで親しい人が走っているのだから、という
つながりを感じているから。

今ないものを感じること。
それは、上田先生の「悪魔祓い」の儀式もそうだし、
韓ドラの最終回以降を想像するのも同じ、
そう思うとひとりで走っていても、なんだか楽しいのですよ。



何年もまえ、寝ても覚めても義父母とのいさかいのことばかりが
頭を占めていたことを思うと、今のあのときと全く違う自分がいます。
学生時代から、こころとイマジネーションについての本を読んでいたけれど、
役に立たなかったなあ、あの時は。
読むだけで、納得しちゃって終わっていたからかな~。



Posted by Amii(あみ)   0 comments   0 trackback

エバシンポジウムで 自然治癒のお話

16回目になる今年のシンポジウムのテーマは「いのちの治癒力」。
このブログの関連記事
http://readingcats.blog106.fc2.com/blog-entry-411.html#comment329

上田さんは、この催しのコーディネーターとしてテーマや講演する人を
選び打ち合わせなどもされていることを、今回行ってみてわかりました。

そして、親子関係で悩みの多い思春期を送ってきたことも。

東大に入るなり、勉強に意欲がなくなって単位をほとんど取れずに
一年終わってしまったことは、以前から知っていましたが、
家庭環境のことは知らなかったです。


さて、テーマに戻りますが。

ホリスティックという、
おもに「がん」のような重い病気を手術や投薬、放射線治療以外の方法
のことが多く語られました。
がんになって、ほっておいても治る人がいて
自然治癒とか自然寛解という言葉もありまして、
もちろんとてもまれなケースではありますが、
ドイツにおいて日本の学者さんが調査もしています。
ですから、これは事実としてはっきりしているわけですね。

まれであって、人間というのは病気というのは
科学だけでわりきれない何かがあって
ふつうに生きる私たちにもたくさんの示唆を与えているのです。

大阪から来た耳鼻咽喉科の愛場先生も講演者のひとり。
放射線の治療は今もやっているそうですが、
一方で代替え治療についても自身の病気をきっかけに
探求し、「がんを生きる12か条」を提唱していていらっしゃいます。

がんという気の意味を考え、
人生をとらなおす良いきっかけにしようということですね。

12か条全部覚えていませんが、
なかに「つながり」と「笑い」があったと思います。

孤独は人の気持ちを冷やして免疫力が下がりそうですし、
ぶすっとした顔をしていると福の神が逃げて家のなかの空気も悪くなりそう。

「つながり」は必要ですよね。
来月も8日と27日は大勢でお会いする機会があります、
不登校関係の親さんたちと。楽しみにしています。
私もだんだんこころの奥にあることが、口に出てきて、
言える場があることの大切さを感じています。


「笑顔」は私自身、カウンセリングに通うようになったこの一年
口角を上げることを意識的にやってきました。
これは本当によかったと思います。
直接どうとは言えませんが。
これからは、少しレベルを上げて「声をたてて笑う」にトライしようかと。
それを意識して生活するのです。
一日のなかで、ひとつでもふたつでもそんな機会が増えるように、と。


また、このシンポジウムのことを書きたいと思います、
今日はここまで。






Posted by Amii(あみ)   2 comments   0 trackback

「もうトウコウやめる」

と、お盆を過ぎたころ息子が私に言いました。
「トウコウ」を「登校」と聞いて、ドキッとした私。




中2の息子、彼だけは不登校経験はないのですが、
7月に入って、週の半分ぐらい休んでいました。

そして、8月に入って以前からよくやっていた
ゲーム機から投稿するサイト、中高生が主な参加者ですが
そちらで楽しんでいました。

だれでも気軽に自分の作品をアップロードし、
評価やコメントがもらえ、コラボのお誘いもあります。
トトも作品をアップして、すごく楽しそうです。
一日それで、暮れていくほどでした。

数日して、友達が遊びに来てそれを見せていました。
全員ではなく、本当に親しい友達だけに。
自分のハンドルネームも教えていたようです。

ところが、数日してトトは元気がなくなりました。
ただでさえ、食が細いのにさらに食べなくなり、どうしたのかと
心配になりました。
とりあえず好きなものを食べに外へ出かけました。
食べているときに話の流れでさりげなく、聞いてみましたが
「まあ、いろいろあるんだよ」
というので、言いたくないんだなと思いました。

その夜、私が韓ドラを見ていると、トトはしゃべり始めました。
先日何人か遊びに来ていた一人の友達と
トラブルになっているというのです。
ゲーム機から投稿するサイトについて横で聞いていました。
そして、
彼は息子の作品に悪いコメントを書いてからかってきたのです。

そのサイトは、ほとんどそういったことは書きこまれません。
運営がいいのか、マナーもいいんだな、と感心していたのですが、
どうやら、そういった書き込みは自動的にブロックされるわけでは
ないようで……。

息子は非常に腹を立て、
これ以上書かれないように投稿した作品すべてを削除しました。

それだけでなく、このサイトを通して仲良くなった友達とも
気軽に交流できなくなり、とてもがっかりしたのです。
学校で居場所がなくなりつつあると感じているこのごろ、
共通の話題で盛り上がることができる、大切な居場所でしたから。
息子自身言いました。
「あー。居場所がひとつなくなった。」

それでタイトルの「もうトウコウやめる」と息子は言ったのでした。
話はちゃんと聞いていたので、流れからいって「投稿」なのに、
「登校やめる」と聞こえてしまったのですね。

学校に行く行かないは息子の問題、どっちにしても
私は毎日元気に大きな声で笑って生きていくのだーと決意を固めていても、
学校は大切、勉強も大事、という価値観も共存しているからでしょう。

私の心は、わかりやすく書くと以前も書きましたが
16分割。
あるいはテレビモニターが16個あって、
それぞれの価値観を映しているのです。
それが真逆のものであってもどちらも私の考えの一部です。

だから、矛盾と混乱、葛藤は続いていくのでしょう。
それでいい、と今は思います。





Posted by Amii(あみ)   2 comments   0 trackback

私って、何に緊張しているのかな。

先月、検査で血圧を測ったら、結構高くて。

病院で測ると高めにでるらしいし、たまたまってことはあるので、
家で半月ばかり測ったところです。

で、たまたまでないことがわかりました。

原因はいろいろ考えられますが、
たぶん塩分過多は違うように思うのだけど。
毎日辛いものをつまみにしてビールを飲む主人は、正常値。
私はもとから味が強いものは食べないのです。

運動不足かな。
仕事柄、あまり動かないし、夜少々走るぐらいでは足りないかも。

睡眠不足は否めません。
夜中に目が覚めちゃうし。
暑くなってからは特に。

あと、ストレスだそうですけど、仕事では皆無だし、
家でもそれほどのこともないと思うけど。


データを持って病院に行くと、
上も高いが、下も高いのが問題だねーと主治医に言われました。
下は下げにくそうです。
また、緊張が続いたりしませんか?って言われて。

先生は、最近、下が高い人は緊張状態が続いているように
感じるそうです。

そうなのかなあ、でも何に?ってあまり思い当たらないのですわ。


今日、主人の会社の取引先の女性社長から、血圧に効くからと「酵素」を
送っていただきました。

原因もわからないし、いいというものはありがたく試してみようかと、
早速コーヒーに入れて飲んでみます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。